納棺師(士)について

映画『おくりびと』のヒットを受けて知名度が上がった納棺師ですが、

仏教の宗派のように色々な呼ばれ方があります。

まずは一般的に納棺師は化粧を施し、

着物を着せて棺の中へ納棺する人のこと、

また死化粧師(士)とも呼ばれます。

湯灌師は、自宅または斎場に浴槽を持って行き、

個人様をご洗体、ご洗髪させていただく人のこと。

また事故などにより損傷の激しいご遺体を専門的にケアにあたる

復元納棺師と呼ばれるエキスパートもいます。

エンバーミングという特殊処置を施すエンバーマーというスペシャリストもいます。

エンバーミングはもともと南北戦争で亡くなった兵士を故郷に戻すために、

ご遺体の長期保存から始まった技術であると言われてます。

感染予防にも最適かつ腐敗にも強く、

海外搬送では必ず施さなければなりません。

土葬文化の根強い北米などではエンバーマーはかなり格式高い職業です。

エンバーミングに関してはIFSA(一般社団法人日本遺体衛生保全協会)の規定により、

あまり適当なことは書けないのですが・・・。

何でも極めるにはそうだとおもうのですが、

並大抵の勉強では習得できるような仕事ではないです。

赤ちゃんのお肌

私は横須賀の湯灌屋からスタートしました。

悲しみの現場は辛く、最初の3ヶ月は本当に必死でした。

詰め物や口上、所作や着替え・・・。

今でも思い出すのは赤ちゃんの担当をした時です。

握り拳くらいの大きさの顔には、

保湿クリームが全く馴染まず、

必死で『ごめんね』『ごめんね』とつぶやいてました。

帰りの車で無力さに涙がボロボロ・・・。

初めてストレスからくる蕁麻疹になりました。

その後勉強したことでわかったのは赤ちゃんの肌は水分が多く、

アルコールの入った製品は全く合わないことでした。

それでも毎日通い続け色が変わらないようにつとめました。

赤ちゃんのパパとママには『毎日来てくれてありがとうございます』と言われました。

違うだろ!気を使わせてどうすんだ!疲れてんのは明らかパパとママなのに・・・。

かける言葉が何も見つからないのです。

おそらく死の間近で働く人たちには一度は経験あるはずです。

おくり鳩

せめてもの思いとして納棺前に「おくり鳩」をお渡しました。

鳩は古来より神仏の使いとして、

思いを天へ運んだと言われてます。

私は出棺も担当しましたが最後まで何もお声掛けできませんでした。

出棺のバスの中ではお坊さんの唱える『舎利礼門』が響いてました。

赤ちゃんのママは火葬場までずっと何かを握ってました。

荼毘に付される最後の別れの時、

『これ入れたいんだけど・・・。』

そっと「おくり鳩」を綿花の布団で眠る赤ちゃんの上に手向けてました。

日頃わかったような口調で仏教や宗教を語ってても、

私には実際に浄土や天国なんかあるかわかりません。

それでもこの時は南無阿弥陀仏なのか南無妙法蓮華経なのか、

南無釈迦牟尼仏なのか何だったのかわかりませんが、

強く強く・・・ただ強く・・・手を合わせてました!!

写真は参考にした先生たちの本です。

あとは実践と先輩の姿で学びました。

追記

北米でも火葬率はグッと上がっているそうです。これは1960年代バチカン公会議でカトリックが火葬を容認したことからと言われてます。

神社仏閣巡りについて

神社仏閣巡りでお参りの際はルール・マナーがあります。

初詣でやお盆など、

私なりのオリジナルも多々ありますが・・・参考までにどうぞ。

神社でのお参り


服装はあまりこだわりありませんが、

帽子やサングラスなどアクセサリーは基本的に外します。

鳥居がありましたら、礼をします。

「これからお邪魔します」と伝えます。

大事な方のお宅へお邪魔することイメージします。

軽く深呼吸して気持ちを落ち着かせます。

1秒でもいいので自分の存在を確認します。

石や雲や植物などの万物の一つであると思い込みます。

あるいはボソっと口にします。

「私は色んなご縁の下、人間というものをしてます」と。

写真を撮るとき、「大変失礼ですが勉強させてください」と一言呟いて撮ります。

結界の鳥居をくぐり、参道を歩きます。

よく参道の真ん中は神様の通り道で正中と言われてますが、

正式には神様の正面を指す言葉であり、

我々一般人が強く意識することもないそうです。

初詣で混んでいる時なんか真ん中避けるなんて無理ですもんね!?

そして手水を取ります。

手水の取り方

1・・・右手で柄杓を持ち汲んだ水を左手にかけます。

2・・・1と同じように持ち手を替え右手に水をかけます。

3・・・右手に柄杓を持ち替え、左手に水を受けて口を濯ぎます。(飲みません!!)

4・・・吐き出す時は左手で隠します。溜めている水盤には水は戻さず外側に流します。

5・・・左手を清めるために1と同じ所作をします。

6・・・使用した柄杓を立てて持った部分に水を垂らします。

7・・・使った柄杓は附せて置いておきます。

ご神前の前まできたらお賽銭を入れます。投げません!!

そして鈴を鳴らします。

大事な方のお宅の玄関のチャイムだとイメージしてます。

拝礼の仕方

1・・・2回深いお辞儀(拝・はい)をします。

2・・・2回音を鳴らす拍手「かしわ手」を打ちます。

(神社によっては4回の場合もあります)

ちなみに葬儀の際の拍手は音を立てない「しのび手」になります。

余談ですが私この「かしわ手」苦手でした。

なんか人の目ばかり気にして必死で恥ずかしいと思い込んでいたからです。

拍手を打つ際は右手を少し手前にズラし、

ドラムの両シンバルを叩くらい腕を広げて叩きます。

3・・・そしてそのまま合掌のポーズをしながら、自分が何者か名乗ります。

『住所氏名年齢』まではっきり名乗ります。

そして参拝出来たことに感謝します。

私は願い事は基本しませんが『はらいたまえ きよめたまえ』と唱えている時は、

何故か必ず家族の顔が脳裏に浮かんでいますね。

(神様も願い事を聞きたいそうなので、胸の内から溢れる願い事の話をします。)

4・・・最後にもう一度深いお辞儀をします。

ここまでが俗に言う二礼二拍手一礼です

帰る際にもう一度軽いお辞儀(深揖・しんゆう)をします。

その他こだわり

※本殿・ご神体は写真に撮りません。

※お賽銭は100円×家族分と決めてます。

※神社内にある文字という文字を読みます。

こんなとこです。

以上神社参りでした。

もちろんお宮参りなど大切な日はまた作法も違います・・・勉強します!!

寺参りはまた後で公開します。

最近は神社仏閣巡りのためか!?運が良く、

こんな父の姿も家族は楽しんでくれてるような気がしてます。

写真は青森市にある浦町神明宮です。

御祭神は太陽の神「天照大神」です。

高天原たかあまはら神留かむづます」と唱えましょう!!

最上三十三観音 25番(尾花沢)

松尾芭蕉が寝泊まりした市内では唯一の天台宗のお寺です。

「おくのほそ道」に関してはあまりにも有名ですので割愛します。

山門の金剛力士像は脚絆を装着してます。

とても個性的なお姿をしてます。

「涼しさを 我が宿にして ねまる也」

ねまるというのは方言で『寝る』ことを指します。

小学生のころ友達の家が近くにあったのでよく境内で遊んだものです。

中には千羽鶴がたくさんありました。

関東や関西や四国から色んな地域からの願掛けのお札があり信仰の厚さを感じました。

光背の綺麗な観音様です。

公式サイトはこちらから。

御本尊

聖観世音菩薩 慈覚大師 御作



御詠歌

おばなざは 
ほとけのみての

いとすすき
てに
とるからに 

ゆらぐたまのを

最上三十三観音 23番(六沢)

最上三十三観音23番は六沢の円照寺境内にあります。

写真を撮っている直ぐ側には猿の親子がいました。

20180727_022840468_iOS

山門には全国でも珍しい民俗衣裳を着衣した金剛力士像(阿吽)がお出迎えしてくれます。

老朽化による損傷が激しく、いた堪れなく思い着せているそうです。

20180727_022722561_iOS

慈母観音菩薩はマリア観音とも呼ばれています。

今話題の隠れキリシタンですね。

弾圧されたキリスト信仰を保つため、

慈母観音菩薩に聖母マリアのお姿を投影したと言われてます。

20180727_022520274_iOS

松の木と鳥居が調和してます。

立像した観音様は顔元は拝見できませんでしたが、

公式サイトから拝見出来ます。

20180727_022538843_iOS

御本尊

聖観世音菩薩 慈覚大師 御作



御詠歌

いまここに

みのりのふねの

をりをえて

のちのよまでも

うかぶなりけり



御利益

諸願成就

空海について

空海について始めて名前を知ったのはブッダと同じ漫画でした。笑。

「孔雀王」という密教世界を題材にした漫画で、印を結び真言(マントラ)を唱え仏と一体となり人智を超えた力(法力)で魔を退治していくお話です。

ここで空海は即身仏として描かれてます。(即身仏に関してはまた後で!)

空海は最澄と並ぶ日本仏教界のスーパースターと言われてます。

幼名は佐伯真魚(まお)。

類稀なる才能でエリート官僚を目指してましたが、仏教に感化され、

唐に渡り『密教』を学び、日本に曼荼羅などたくさんの知識を持ち帰りました。

真言宗の開祖と歴史の教科書では習います。

各地で岩を砕いたり、雨を降らしたり、数々の伝説があります。

またダムを作ったり、現代でいう事業家のような活躍もしてます。

字を書くのも上手で三筆の一人と言われています。

ここで私が語るのもおこがましいのですが、数あるエピソードの中でも、

高知の室戸岬での御厨人窟(洞窟)での荒業、虚空蔵求聞持法の話が好きです。

虚空蔵求聞持法は100日間で呪文を100万回となえなければならない過酷な修行です。

空海(真魚)が一心不乱に呪文をとなえてる時に、

口の中に明星(虚空蔵菩薩)が入ってきたそうです。

その時洞窟の中で空海が目にしていたのは空と海だけであったため、

空海と名乗ったと伝わっています。

空と海。。。まさにこの世の究極の表裏一体の一つ。

ソラとウミ、クウとカイ。。。名前がもう反則級にかっこいいですね!

「土佐室戸岬にて勤念する。あたり一面にこだまが響き、明星、身体に入る」

『三教指帰』

空海については最近映画でも話題になり好きな本もたくさんありますが、

特におすすめは、

司馬遼太郎『空海の風景

おかざき真里『阿吽』(漫画)です。

特に阿吽は画力に圧倒されます。

写真は約2年前に行きました、青森の青龍寺の昭和大仏です。

法界定印を結んでいます。真言密教の大日如来のお姿です。

ありがたい胎内巡りもさせていただけます。

合掌

IMG_2434.jpg

八幡神社について

地元の八幡様のお祭りでした。

八幡神は応神天皇(誉田別命ホンダワケノミコト)と言われ、各地にあります。

狐のお稲荷さん稲荷神社に続き多いです。(ちなみに八幡様の使いは鳩です)

鎌倉の鶴岡八幡宮が有名だと思います。

武神と言われ、武家に崇敬されました。

中を少し見学させて頂きました.

拝殿には古い絵馬と弓矢がありました。

弓矢と言えば八幡太郎義家ですね。

武士の世が出来るきっかけを作った人でもあります。

源頼朝の先祖です。

本殿には小ぶりですが神鏡がありました。

神道では死は穢れになります。

日本の葬式は神仏習合が少なくないです。

「お清め」も本来は仏教ではないはずです。

また八幡神はユダヤ教とも関係している説もあります…。

尾花沢には延沢にも八幡様祀られています。

こちらもかなり歴史ありますね。

いつか紹介します。

友達の結婚式で作った曲です。

会場で流してくれたそうです。

「トマトケチャップ」というユニットで一度だけやりました。

ジェームス・イハみたいになりたかったです。

暁は何かの始まり、ダメでもいいんだ!

『暁』

遠くまで響く鐘、身体震える

こころにも響くかな?

言葉のないまま僕は

すべて一縷には

すがることもなく

何となく生きてきた

だけど今なくせない

大切にふれる

駄目なとこきりがなく

本当にごめん…

それはお互いさまだよと

笑って過ごそうと

君は手を握った

若い蜜蜂が運ぶ淡いバケツの中の幸せは

晴れのち雨また跳ねる水溜りの道飛び越え

このまま寄り道していこう

すべて一縷には

望むことよりも

近く大事なこと

あー愛しきアナタへ僕は今何をすべきか

一つだけわかるこの手は離さない

若い瑠璃色ヒナギク踊る春風に乗って

雨後晴れしたたり並ぶ雨粒の街は時として

二人を祝福してくれる

暁幕開け小鳥さえずるソルフェージュ

これから奏でる素晴らしき日々を送ろう