柳田国男と遠野物語と河童について

葬儀業界では必ず名前上がる柳田国男。

現在の遠野市も含め各地でまとめた葬送習俗辞典は業界必読書です。

さてねぶた祭りの青森からの帰り、

あいにくの雨でしたが、

妖怪の3大聖地!?伝承園に行きました。

受付16時30分まで、着いたのが16時45分・・・?

妖怪の仕業だ!ミスった!

遠くから眺めた景色は昔のゲゲゲの鬼太郎の雰囲気でした。

遠野産ホップを横目に、

目的はカッパに会うことでしたので、

常堅寺のカッパ淵まで猛ダッシュ(5時まで)しました。

曹洞宗のお寺さまです。

今まで見た山門でトップクラスに感動しました。

質実剛健な仁王像は東北地方所縁の円仁慈覚大師作と言われています。

私はまだ勉強中の身であるため見ただけでは時代や作りなどはわかりませんが、

学芸員のように造詣深くなりたいと思いました。

お釈迦さまの特徴を表した三十二相の足下安平立相の足型がハリウッドのチャイニーズシアターのようでした。(雨で写真撮っても見えなかったので割愛します)

すぐ脇にはカッパの狛犬がいました。

頭の皿がお賽銭箱となってました。

閻魔さまがいる十王堂です。

49日の旅にて35日目にお逢いできます。

本堂には今回お邪魔できませんでしたが、

いたる所お盆の準備がされてました。

お盆についてももっと勉強したいなぁ〜。

「河童 馬を川にひきこむいたずらに失敗したカッパは、おわびをして許され、母と子の守り神となりました。 常堅寺の火事のさいは頭の皿から水を吹き出して消しとめ、今でも一対のカッパ狛犬として境内にその姿をとどめています。」

と記述してます。

イタズラ好きなカッパと言えば、キュウリが大好物です。

なぜキュウリが好物なのか色んな説がありますが・・・人間の・・・似てるとか。

水神様の仮のお姿とも言われるカッパのお供え物と言われてます。

遠野物語によれば遠野のカッパは顔が赤いそうです。

少し赤みありますね。

そして願掛けで母乳の出も良くなるそうです。

「エロガッパ」ってここからきてるのかな?

あるいは黄桜のCM

祠にはカッパの御神体とピースサインのおじさんの姿!?

見ていただきたいですが・・・。

個人的なルールとして出来るだけ本殿や本堂の中、

御神体や本尊は写真には撮らないようにしてます。

名人専用の釣り竿の先、

餌はキュウリでした。

雨が強くなってきて本当にカッパに遭遇したら大変なので引き返しました。

茂みの深い鳥居の先には稲荷堂がありました。

今回1時間の滞在でしたが、

今度は子ども達と一緒に行きたいと思いました。

まだまだ行きたい場所たくさんあり過ぎです。

個人的に聖地過ぎてタイムトラベルでした。

そして、

真面目な話、

遠野物語もそうですが昔話には性の話も多々あります。

妖怪と交わる女性達に

ジェンダーの名の下で虐げられてきた人類史を感じるのは私だけではないはずです。