寺フェス’18 in 山形県朝日町若宮寺について

も1ヶ月以上前になりますが…

初めて参戦しました。

山形県朝日町にある若宮寺にて音楽フェス。

真言宗豊山派のとても立派なお寺です。

出演者!!これもまた大好き方ばかり!!

・銀杏BOYZ

・倉本美津留

・柴田聡子

・みうらじゅん

・向井秀徳アコースティック&エレクトリック

・登坂尚高

・登坂高典(説法)

何が凄いかといえばスポンサーがいなくても、

ちゃんとチケット完売の満員御礼であることです。

1年間必死で資金集めし、紡いだ想い、相当な苦労があると思います!

運営スタッフもボランティアスタッフも全て町の方で行い、

まさに地域貢献の最上級!

DIY精神に溢れたフェスでした。

いや〜いいですね!

まさに個人の情熱が人を、町を、動かしている様子が見れました!

 

お粗末ながら私も『おくりびと』として、

ご住職に山形の葬儀について少しだけ話しを伺いました。

私の地域には真言宗はないので密教のお話は大変勉強になりました!

忙しい中有り難い御朱印もいただきました!

夜になり雨も降ってきましたが、

花火も決行!

いい〜勉強になりました!

やるな!寺フェス!!朝日町!!

来客の対応に追われる中、御朱印、本当にありがとうございました!

公式サイトはこちらから

 

愛宕神社と増上寺と浄心寺とエンディング産業展について

8月24日東京ビッグサイトにてエンディング産業展に行きました。

夜行バスに揺られこと6時間。

東京は朝から交通機関も元気で、開場前に念願の愛宕神社へ向かいます。

出世の石段をドキドキとワクワクで登る途中で突然の雨風!!

きよめよ!ということですね。

やはり東京の神社仏閣は大手企業も奉納しているためか繁栄し活気的です。

主祭神は火産霊命(ほむすびのみこと)火の神です。

表現が適切かどうかわかりませんが火の神ということで非常に男性的?!な雰囲気を感じましたが、落ち着いてきたらずっと境内にいたいと思えるくらいしっくりきました。

そして向かうは浄土宗大本山増上寺へ。

いつか「ぶっちゃけ寺」で山(三)門の2階の秘仏公開されてましたね。

この三門は三解脱門と呼ばれ、三つの煩悩「貪欲(とんよく・むさぼり)・瞋恚(しんに・いかり)・愚痴(ぐち・おろかさ)」の三悪を解脱する、煩悩を解脱する門と言われています。

不思議なもので東京タワーと増上寺はセットと考えてもいいいくらい、

紅白のコントラストが見事です。(しかし写真、残念。雨雲!!)

上品上生(じょうぼんじょうしょう)?の印相の阿弥陀様の前でしばしの間、瞑想をしてきました。

増上寺は他にも見所たくさんありますが、今回はパスして、文京区の浄心寺へ。

浄心寺のご住職はターミナルケアやグリーフケア、いのちの教育など各地でセミナー行うほど力を注いでいらっしゃいまして、本も出版されてます。

雑談話でもいいのでお会いできればと思ったのですが、今回はアポなしでもあるためご縁はありませんでした。

いつもニコニコポジティブ布袋様。

その袋には不幸やネガティブを閉じ込めておくと言われています。

お寺のカラーがそのまま布袋様に反映してるように感じました。

20180823_233554693_iOS.jpg

20180823_233809756_iOS.jpg

何かと話題になる「遺体ホテル」ですがお寺様でもやってまして、8室完備してます。

東京の火葬待機の現状を考えれば大変有意義に感じます。

お寺が運営しているため安心感もありますね。

20180823_233515543_iOS.jpg

愛宕神社〜増上寺〜浄心寺と巡り、だいぶ気持ちも落ち着きはじめたのですが、

今回の目的はエンディング産業展ですのでビッグサイトまで駆け足で行きます。

20180824_003555317_iOS

エンディング産業展、ジャパンストーンツアー、終活フェスタ&ソナエ展同時開催ということでたくさんの葬儀や石材、墓石関係者、僧侶など見えてました。

セミナーも開催されてまして、私は

・『自社顧客を獲得するツールとしての処置・メイク』

・『葬儀担当者のための、式場セミナーの企画運営方法と事前相談の運用』

2つを受講してきました。

20180824_013802504_iOS.jpg

20180824_054303229_iOS.jpg

20180824_033232236_iOS.jpg

20180824_013143705_iOS.jpg

20180824_060235700_iOS.jpg

20180824_055812517_iOS.jpg

20180824_045556039_ios.jpg

各パビリオンを見て回り感じたことがありました。

  1. 永代供養、納骨の合祀、樹木葬や宇宙葬など死生感の変化
  2. ペット葬などペット関連の需要が高いこと
  3. 生花祭壇アレンジの技術が年々上がってきている反面、花を使わない祭壇も目立っていた
  4. 寺院での出展は浄土真宗(東と西)のみ
  5. 孤独死など遺品整理から日本がこれから抱えてくる闇を垣間みた
  6. できるだけ無駄を出さない盛籠の出展 などなど

日本における葬儀では豪華絢爛という流れはとっくに過ぎてまして、質素でもオリジナリティー溢れる葬儀がこれから本格化してくるかと思います。

いずれにせよ送る側、送られる側、残す側、残される側、誰のため何のための葬儀なのか真剣に考えていけば答えが見えてくるような気がします。

最後に私の姉がお世話になっている五反田のティラヴィーへ。

おいしいご飯もいただき峰先生に貴重な話もしていただきました。

帰りの夜行バスの運転手さんもとても親切でして、感謝の1日でした。

写真は峰先生のブログからです。

ティラヴィーは家族共々お世話になってます。

o0800060010709158911.jpg

納棺師(士)について

映画『おくりびと』のヒットを受けて知名度が上がった納棺師ですが、

仏教の宗派のように色々な呼ばれ方があります。

まずは一般的に納棺師は化粧を施し、

着物を着せて棺の中へ納棺する人のこと、

また死化粧師(士)とも呼ばれます。

湯灌師は、自宅または斎場に浴槽を持って行き、

個人様をご洗体、ご洗髪させていただく人のこと。

また事故などにより損傷の激しいご遺体を専門的にケアにあたる

復元納棺師と呼ばれるエキスパートもいます。

エンバーミングという特殊処置を施すエンバーマーというスペシャリストもいます。

エンバーミングはもともと南北戦争で亡くなった兵士を故郷に戻すために、

ご遺体の長期保存から始まった技術であると言われてます。

感染予防にも最適かつ腐敗にも強く、

海外搬送では必ず施さなければなりません。

土葬文化の根強い北米などではエンバーマーはかなり格式高い職業です。

エンバーミングに関してはIFSA(一般社団法人日本遺体衛生保全協会)の規定により、

あまり適当なことは書けないのですが・・・。

何でも極めるにはそうだとおもうのですが、

並大抵の勉強では習得できるような仕事ではないです。

赤ちゃんのお肌

私は横須賀の湯灌屋からスタートしました。

悲しみの現場は辛く、最初の3ヶ月は本当に必死でした。

詰め物や口上、所作や着替え・・・。

今でも思い出すのは赤ちゃんの担当をした時です。

握り拳くらいの大きさの顔には、

保湿クリームが全く馴染まず、

必死で『ごめんね』『ごめんね』とつぶやいてました。

帰りの車で無力さに涙がボロボロ・・・。

初めてストレスからくる蕁麻疹になりました。

その後勉強したことでわかったのは赤ちゃんの肌は水分が多く、

アルコールの入った製品は全く合わないことでした。

それでも毎日通い続け色が変わらないようにつとめました。

赤ちゃんのパパとママには『毎日来てくれてありがとうございます』と言われました。

違うだろ!気を使わせてどうすんだ!疲れてんのは明らかパパとママなのに・・・。

かける言葉が何も見つからないのです。

おそらく死の間近で働く人たちには一度は経験あるはずです。

おくり鳩

せめてもの思いとして納棺前に「おくり鳩」をお渡しました。

鳩は古来より神仏の使いとして、

思いを天へ運んだと言われてます。

私は出棺も担当しましたが最後まで何もお声掛けできませんでした。

出棺のバスの中ではお坊さんの唱える『舎利礼門』が響いてました。

赤ちゃんのママは火葬場までずっと何かを握ってました。

荼毘に付される最後の別れの時、

『これ入れたいんだけど・・・。』

そっと「おくり鳩」を綿花の布団で眠る赤ちゃんの上に手向けてました。

日頃わかったような口調で仏教や宗教を語ってても、

私には実際に浄土や天国なんかあるかわかりません。

それでもこの時は南無阿弥陀仏なのか南無妙法蓮華経なのか、

南無釈迦牟尼仏なのか何だったのかわかりませんが、

強く強く・・・ただ強く・・・手を合わせてました!!

写真は参考にした先生たちの本です。

あとは実践と先輩の姿で学びました。

追記

北米でも火葬率はグッと上がっているそうです。これは1960年代バチカン公会議でカトリックが火葬を容認したことからと言われてます。

死化粧について 2

ここから下の内容不快に思う方もいるかもしれません。

閉鎖されがちな葬儀を少しでもオープンにしていこうとブログの目的もありますので、

ご了承いただけない方はスルーしてください。

さてエンゼルメイクですが、

まず血液や体液漏れがあればしっかりケアします。

皺をあまり伸ばさないように保湿クリームでフェイスマッサージを致しまして、シェービングを行います。

この業界では「シェービングマジック」と言いますが、この時点で表情は穏やかになってきます。

このシェービングは生きている方とはまったく違うので難しいですね。

病院でもしてくるのですが、、、。

時間が立ち皮膚がえぐられ傷になって乾いて黒く変色している場合が多いです。

看護師さんのせいにはできないので、

私たち死化粧師たちの責任となります。

リキッドファンデーションでしっかりカバーします。

会社によっては深い傷があればワックス(特殊メイク)処置も行います。

クリームファンデーションでベースの色を作ります。

もちろん感染予防対策にグローブをします。

ある程度カバーできたらおしろいを落とします。

頬紅は頬の一番高いところから指を使ってポンポンと叩きながら付けていきます。

できるだけ自然なグラデーションになるように意識します。

頬紅と口紅はできるだけ近い色を選んでいきます。

口紅を入れる前に潤わせるためのワセリンを軽く塗ります。

グロス代わりにベビーオイルを口の真ん中に少しつけます。

若い方でしたら口角までハッキリ輪郭を入れます。

女性の方には瞑っている下瞼の奥に黒いアイラインを入れます。

上瞼には白いアイシャドウを軽く叩きます。

目元がクッキリしてきます。

一度立ち上がり足元から顔全体を確認します。

違和感なければ、ドライシャンプーをして分け目、癖毛を見極めながら髪を櫛で梳かします。

私の死化粧は大体このように執り行います。

場合によっては全て家族にやっていただくこともあります。

男性、子どもや赤ちゃん、若い女性、黄疸、鬱血、蒼白化、自死などその時々にメイクは変えていきますが、基本はこの通りです。

施行を行う前、行った後は仏教系でしたら合掌、神道やキリスト教系でしたら黙祷と私たち納棺師は必ずご宗派に沿って、立場をわきまえて行動するよう心がけてます。

写真は私のメイクセットです。

この他に湯灌セット、処置バッグ、ドライアイス、着物や旅支度などかなりの量の荷物と、あとは・・・。

「よし!!」という覚悟を持って現場に乗り込みます。

死化粧について

エンゼルメイクとも言います。

よく男性の方でもするの?

聞かれますが、します。

人は亡くなると身体を保つ機能が停止します。

停止したら身体には色々な反応が生じます。

その1つが肌の乾燥です。

化粧は見た目もそうですが乾燥を防ぐ目的もあります。

あまり濃くならないように注意を払います。

ご生前の肌の色を見極めて!

よく言われてますが、それが容易ではなく、

男性の場合は特にベージュなんて合わないし、

髭剃りと保湿クリームだけでも綺麗になると思ってます。

最後に、ありがとうございました。おつかれ様でした。

必ず声かけを心がけ顔当て当てるようにしてます。

合掌