キリストの墓について

実はキリストは日本にいた!

それも青森!?

ということで青森県新郷村(戸来村)に行きました。

個人的には大好きな話です。

キリストはゴルゴタの丘で磔刑されずに実は日本に滞在して100歳近くまで生きたという、

そして身代わりになったのが、

イスキリと言うキリストの弟である!?と言う説です。

道沿いにはかなりの鳥居があり、そして村全体に結界の注連縄してあるくらい強力で身震いしました。

2本の十字架が対にありました。

十代塚はキリスト様で十来塚はイスキリ様が眠っているそうです。

私が1番興味があったのはこの友好記念の石です。

ユダヤ、キリスト、イスラム教の聖地エルサレムから届いた本物のストーンです。

これは凄いですね!

ヘブライ語の刻字がしてあります。

ちなみに戸来村=へらいむら=ヘブライと変換されます。

伝承館があり200円で入場できます。

キリストが日本にいた証拠を裏付けするような資料が見れました。

おまじないは十字を切ったり、

家紋がダビデの星だったり、

地域の盆踊りの「ナニャドヤラ」はヘブライ語!?説、

竹内文書の真相はともかく、インパクトのある強烈な体験できました。

一般的にキリスト教のお供え物は花だけですが、花がなかったので植物繋がり、またキリストは水をぶどう酒に替え、キリストの血と言われるほど、キリスト教ではぶどう酒は重要です。

といことで酒ではないですが、東北地方のぶどうジュースお供えしました。(持ち帰り)

また青森でのキリストの名前は十来太郎大天空と言います。

大天空=大天狗と言われて慕われたそうです。

そして天狗は山の果物大好きですねー。

かなりオカルトですが、

キリストはともかくとして、

大昔にユダヤ人が来日していたとしても何もおかしくはないし、村の活性化に繋げたい地域の皆様、イスラエル大使館の太っ腹に感動しました。

思えばお釈迦様の骨を分骨した仏舎利塔だって全部集めたら一頭の象くらいの骨があると言う話を聞けば、そんな話があってもいいと思います。

本物であれば日本に墓があることは世界の宗教の均衡にとって大大大事件ですが、とても夢がある話だと思いました!

アーメン

久須志神社とねぶた祭りと自然霊と青森大空襲について

妻の実家の青森県青森市久須志の地名にもなっております久須志神社です。

御祭神は、

大名持命(オオナモチノミコト)・・・国作の神。

少彦命命(スクナヒコナノミコト)・・・医薬の神。

富士山の久須志神社と同じ、かつては薬師堂として崇敬されてましたが、廃仏毀釈により久須志神社の名前になりました。

久須志・・・薬師・・・くすりし・・・ネーミングはそんなとこでしょうか?

御神木が大切に保護されてます。

大火も空襲も見てきた神木ですね。

吉田流紙垂が垂れた立派な注連縄です。

神鏡は大人が両手広げたくらいの大きさがありました!

そして龍神宮と稲荷宮があります。

ちなみに龍神関係のスピリチュアル本は一昨年くらいからジワジワと。

外にも稲荷神祀っています。

こちら狐(犬!)可愛いですね。

自然霊で龍神の話少し出しましたが、今年から天狗族が活躍するそうな、、、。

久須志神社の近くで見つけた天狗の文字!?

そして青森市の観光物産館アスパムの前にある浄土宗の一念寺にいらっしゃる平和地蔵尊に合掌。

7月28日の夜にB29戦闘機はこの街に焼夷弾を降らせました。

今は古い建物はほとんど残っていません。

港町に届いた無差別空襲の警告ビラは市民には届いておらず、

当時の消化活動の低下を防ぐため、

避難することを禁じた「防空法」により犠牲になった方もたくさんいたことでしょう。

リンの混ざった焼夷弾の威力にバケツリレーでの消化活動など何の意味があったのでしょうか?

戦争の伝承者は減ってきましたが風化させないような取り組みを各地で感じますし、伝えようともしてます。

さて受け取る側です。

日本を代表するねぶた祭り、

ラッセラーの掛け声、

国際色豊かなハネト達、

焼け野原から復興に奮起した方々は、

今、この地に何を見るでしょうか?