愛宕神社と増上寺と浄心寺とエンディング産業展について

8月24日東京ビッグサイトにてエンディング産業展に行きました。

夜行バスに揺られこと6時間。

東京は朝から交通機関も元気で、開場前に念願の愛宕神社へ向かいます。

出世の石段をドキドキとワクワクで登る途中で突然の雨風!!

きよめよ!ということですね。

やはり東京の神社仏閣は大手企業も奉納しているためか繁栄し活気的です。

主祭神は火産霊命(ほむすびのみこと)火の神です。

表現が適切かどうかわかりませんが火の神ということで非常に男性的?!な雰囲気を感じましたが、落ち着いてきたらずっと境内にいたいと思えるくらいしっくりきました。

そして向かうは浄土宗大本山増上寺へ。

いつか「ぶっちゃけ寺」で山(三)門の2階の秘仏公開されてましたね。

この三門は三解脱門と呼ばれ、三つの煩悩「貪欲(とんよく・むさぼり)・瞋恚(しんに・いかり)・愚痴(ぐち・おろかさ)」の三悪を解脱する、煩悩を解脱する門と言われています。

不思議なもので東京タワーと増上寺はセットと考えてもいいいくらい、

紅白のコントラストが見事です。(しかし写真、残念。雨雲!!)

上品上生(じょうぼんじょうしょう)?の印相の阿弥陀様の前でしばしの間、瞑想をしてきました。

増上寺は他にも見所たくさんありますが、今回はパスして、文京区の浄心寺へ。

浄心寺のご住職はターミナルケアやグリーフケア、いのちの教育など各地でセミナー行うほど力を注いでいらっしゃいまして、本も出版されてます。

雑談話でもいいのでお会いできればと思ったのですが、今回はアポなしでもあるためご縁はありませんでした。

いつもニコニコポジティブ布袋様。

その袋には不幸やネガティブを閉じ込めておくと言われています。

お寺のカラーがそのまま布袋様に反映してるように感じました。

20180823_233554693_iOS.jpg

20180823_233809756_iOS.jpg

何かと話題になる「遺体ホテル」ですがお寺様でもやってまして、8室完備してます。

東京の火葬待機の現状を考えれば大変有意義に感じます。

お寺が運営しているため安心感もありますね。

20180823_233515543_iOS.jpg

愛宕神社〜増上寺〜浄心寺と巡り、だいぶ気持ちも落ち着きはじめたのですが、

今回の目的はエンディング産業展ですのでビッグサイトまで駆け足で行きます。

20180824_003555317_iOS

エンディング産業展、ジャパンストーンツアー、終活フェスタ&ソナエ展同時開催ということでたくさんの葬儀や石材、墓石関係者、僧侶など見えてました。

セミナーも開催されてまして、私は

・『自社顧客を獲得するツールとしての処置・メイク』

・『葬儀担当者のための、式場セミナーの企画運営方法と事前相談の運用』

2つを受講してきました。

20180824_013802504_iOS.jpg

20180824_054303229_iOS.jpg

20180824_033232236_iOS.jpg

20180824_013143705_iOS.jpg

20180824_060235700_iOS.jpg

20180824_055812517_iOS.jpg

20180824_045556039_ios.jpg

各パビリオンを見て回り感じたことがありました。

  1. 永代供養、納骨の合祀、樹木葬や宇宙葬など死生感の変化
  2. ペット葬などペット関連の需要が高いこと
  3. 生花祭壇アレンジの技術が年々上がってきている反面、花を使わない祭壇も目立っていた
  4. 寺院での出展は浄土真宗(東と西)のみ
  5. 孤独死など遺品整理から日本がこれから抱えてくる闇を垣間みた
  6. できるだけ無駄を出さない盛籠の出展 などなど

日本における葬儀では豪華絢爛という流れはとっくに過ぎてまして、質素でもオリジナリティー溢れる葬儀がこれから本格化してくるかと思います。

いずれにせよ送る側、送られる側、残す側、残される側、誰のため何のための葬儀なのか真剣に考えていけば答えが見えてくるような気がします。

最後に私の姉がお世話になっている五反田のティラヴィーへ。

おいしいご飯もいただき峰先生に貴重な話もしていただきました。

帰りの夜行バスの運転手さんもとても親切でして、感謝の1日でした。

写真は峰先生のブログからです。

ティラヴィーは家族共々お世話になってます。

o0800060010709158911.jpg

キリストの墓について

実はキリストは日本にいた!

それも青森!?

ということで青森県新郷村(戸来村)に行きました。

個人的には大好きな話です。

キリストはゴルゴタの丘で磔刑されずに実は日本に滞在して100歳近くまで生きたという、

そして身代わりになったのが、

イスキリと言うキリストの弟である!?と言う説です。

道沿いにはかなりの鳥居があり、そして村全体に結界の注連縄してあるくらい強力で身震いしました。

2本の十字架が対にありました。

十代塚はキリスト様で十来塚はイスキリ様が眠っているそうです。

私が1番興味があったのはこの友好記念の石です。

ユダヤ、キリスト、イスラム教の聖地エルサレムから届いた本物のストーンです。

これは凄いですね!

ヘブライ語の刻字がしてあります。

ちなみに戸来村=へらいむら=ヘブライと変換されます。

伝承館があり200円で入場できます。

キリストが日本にいた証拠を裏付けするような資料が見れました。

おまじないは十字を切ったり、

家紋がダビデの星だったり、

地域の盆踊りの「ナニャドヤラ」はヘブライ語!?説、

竹内文書の真相はともかく、インパクトのある強烈な体験できました。

一般的にキリスト教のお供え物は花だけですが、花がなかったので植物繋がり、またキリストは水をぶどう酒に替え、キリストの血と言われるほど、キリスト教ではぶどう酒は重要です。

といことで酒ではないですが、東北地方のぶどうジュースお供えしました。(持ち帰り)

また青森でのキリストの名前は十来太郎大天空と言います。

大天空=大天狗と言われて慕われたそうです。

そして天狗は山の果物大好きですねー。

かなりオカルトですが、

キリストはともかくとして、

大昔にユダヤ人が来日していたとしても何もおかしくはないし、村の活性化に繋げたい地域の皆様、イスラエル大使館の太っ腹に感動しました。

思えばお釈迦様の骨を分骨した仏舎利塔だって全部集めたら一頭の象くらいの骨があると言う話を聞けば、そんな話があってもいいと思います。

本物であれば日本に墓があることは世界の宗教の均衡にとって大大大事件ですが、とても夢がある話だと思いました!

アーメン