ジンジャーエール

『地域の神社に貢献を!!』、、、、とは言え何をすべきなんだろうか?

毎日の参拝や掃除などもとても良い事だとは思いますが、僕がやりたいことは地域や人、文化の繋がったコミュニティ作りだと最初の考えに戻る。

去年は変化の年で、個人的には「コンフォートゾーンの外側へ」が課題でしたが、なんとも狭いゾーンであくせくしていたなぁと思います。

さて本題!!

生姜を作ります!!

いろんなとこでもやってますね〜!!神社✖️ジンジャーエール!!

最近で言えば神田明神でしょうか?

https://news.ameba.jp/entry/20181227-155/

ただのダジャレではなくマーケティング的にもかなり美味しいですね!!

ということで僕は何も策略ないですが、、、生姜作ります。

なんで?

生姜が好きだからです。

特に冬の山形県では生姜湯はポカポカ身体を温めてくれますし、夏の時期はクーラ冷えにも最高なんです。がんのリスクを下げたり病気や生理痛にも効果的(僕は男性ですが、、)とのことで悪いとこなし!!

よーしやろう!!といことで農業を営む親友の「石丸ファーム」へ連絡。

『生姜ある?』のLINEに『あるよ。』

はい解決。

早速プランターを準備して始めました。

土も頂いた!!
愛しい種生姜!!芽出しているのでこのままでオッケーとのこと
少し分割してプランターへ
葉がでるまで水やりしなくても良いとのこと

さて、突然始めた生姜作り!!

うまくいくか!?どうなるか!?随時報告予定。

自分が好きなジンジャーラテ作ります。

神社✖️寺というダジャレのノリです。

追伸、石丸ファームの石丸代表ありがとうございます!!

ちいさいまつりin尾花沢

“おー”大高宮司の警蹕で扉が開く

2月11日は建国記念の日。尾花沢市民の鎮守神である諏訪神社にて、正式参拝を行いました。建国記念日は神武天皇の即位を祝う日です。紀元前660年の即位から今年で2697年目になります。日本は世界でもっとも長寿の国です。

ちいさいまつりを各地でやろう

「2月11日の国の誕生日に、日本を1つにするような一斉まつりをしたいだ。」神社再興仲間であり、先輩であり、親友である杢代さんから企画提案をいただきました。その内容は沖縄県で開催されるちいさいまつりに合わせ、みんなで一緒におむすびを結ぶという内容です。このちいさいまつりで大事にされるのはギフトシェアリングという考えです。

ギフトシェアリング…1人ひとりに分け与えられた才能を持ち寄って生きることで、精神的にも経済的にも豊かになり、そのままの存在としての自分を生きることができる世界を目指します。

まつりdemusubiプロジェクト

一緒におむすびを結び、一緒に食べる。ここでインスパイアされたのは日本のマザーテレサと言われた佐藤初女さんの存在です。佐藤初女さんは青森県生まれの福祉活動家。「森のイスキア」で病気や悩みを抱えた人たちを受け入れ、耳を傾け、素朴な素材の味をそのままいただくこと、食を通してこころや体の改善を訴えた方です。佐藤初女さんのおむすびは掌でむすぶ、まんまるで真っ黒で、角がなく端っこがない分け隔てないおむすびです。このおむすびをホームパーティーでも良し、家族だけでも、1人だけでも良しとして、各地で一斉にむすぶことでボーダーレスな居場所を作ることを目的としました

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

いのちをむすぶ [ 佐藤初女 ]

価格:1728円(税込、送料無料) (2019/2/21時点)

お米・お水・お塩がギフトシェアされる

主催者である社会起業家の優花さんより、各地で主催するサテライターへおむすびセット(お米・お水。お塩)が提供されました。

お米・・・神武米

地域活性化✖️障がい者就労✖️橿原神社ご神饌のハイブリッド米

お水・・・天つ水

水神宗社・丹生川川上神社の御神域から汲み上げた天然水

お塩・・・おのころしずく

いざなぎ神宮のある淡路島産。播磨灘の綺麗な海水をそのまま使用

ちいさいまつりin尾花沢

佐藤初女さんのおむすびワークの他に尾花沢では絵本の読み聞かせと「だずやねん」によるスペシャルライブ&トークショーを行いました。絵本の読み聞かせでは同市に住む絵本講師すずきてつこさんに依頼しました。すずきてつこさんはご自宅でも絵本の読み聞かせ教室をされてる方です。

ライブ&トークショーは高畠町が生んだ次世代音楽ユニット「だずやねん」に依頼しました。だずやねんの持つ素直な音楽性がイベントにマッチしてます。

ちいさいまつりin尾花沢

ラジオ体操からスタートしました。

絵本の読み聞かせをしてます。

モニターで写したえんとつ町のプペルを全国中継配信してます。

山形県出身のムラケンタと大阪府出身のフセユウキによって高畠町で結成された次世代若手音楽ユニットのだずやねん。

納豆汁も作り、みんなで佐藤初女さんおおむすびワーク。

楽しい宴でした。

2月11日は本会場の沖縄を含め47都道府県、60箇所、海外からの参加もあって約2000人近くの来場がありました。これからもみんなが繋がる接続可能なイベントにしたいです。まだまだ僕らの夢は始まったばかりです。

だずやねんが尾花沢バージョンで歌ってくれた「この街へ贈るメロディー」。感動でした。

寺フェス’18 in 山形県朝日町若宮寺について

も1ヶ月以上前になりますが…

初めて参戦しました。

山形県朝日町にある若宮寺にて音楽フェス。

真言宗豊山派のとても立派なお寺です。

出演者!!これもまた大好き方ばかり!!

・銀杏BOYZ

・倉本美津留

・柴田聡子

・みうらじゅん

・向井秀徳アコースティック&エレクトリック

・登坂尚高

・登坂高典(説法)

何が凄いかといえばスポンサーがいなくても、

ちゃんとチケット完売の満員御礼であることです。

1年間必死で資金集めし、紡いだ想い、相当な苦労があると思います!

運営スタッフもボランティアスタッフも全て町の方で行い、

まさに地域貢献の最上級!

DIY精神に溢れたフェスでした。

いや〜いいですね!

まさに個人の情熱が人を、町を、動かしている様子が見れました!

 

お粗末ながら私も『おくりびと』として、

ご住職に山形の葬儀について少しだけ話しを伺いました。

私の地域には真言宗はないので密教のお話は大変勉強になりました!

忙しい中有り難い御朱印もいただきました!

夜になり雨も降ってきましたが、

花火も決行!

いい〜勉強になりました!

やるな!寺フェス!!朝日町!!

来客の対応に追われる中、御朱印、本当にありがとうございました!

公式サイトはこちらから

 

葬祭ディレクター試験と藤崎えびす神社について

9月5日は仙台で葬祭ディレクター試験でした。

私は2級を受けました。

いや〜緊張感すごかった!

職場の同僚がいて心細くなかったのがせめてもの救いでした。

2級でこれだったら1級の人たちはもっと大変だと思ってましたが、以外に1級の方はリラックスしてますね。

いかにも葬儀屋って感じの雰囲気?がさすがです。

もともと北米などから見ると日本の葬儀業界は敷居が低く、ましてやプレニードなどの考えもまだまだないです。

少しでも日本の葬儀のレベルアップを考察し、生まれた資格が葬祭ディレクターです。

試験内容はあまり口外できませんが、実地試験と学科試験に別れ、葬儀に必要な知識と技術が問われる内容となってます。

お昼は同僚とあーだこーだ言いながら久しぶりに仙台の牛タン食べ、

一度行ってみたいと思った藤崎えびす神社へ!

IMG_3818.jpg

藤崎ビルの8階にある、藤崎えびす神社は兵庫県西宮市に鎮座する「西宮のおえびすさん」として親しまれ、崇敬されている西宮神社が総本社です

えびす様は七福神の一人として人気もありますね。

1819年に「得可壽屋(えびすや」という屋号で呉服店を始めた藤崎百貨店はその当時からえびす様をお店のシンボルとしお店の氏神様として崇拝してきたそうで、その後昭和7年に藤崎百貨店として大増築した際に西宮神社よりえびす様を勧請し、屋上に祀ったのが「藤崎えびす神社」の由来となっています。

この日は雲が綺麗でとても気持ち良かったです。

屋上でえびす様に見守られながらビアガーデン。

エビスビールを飲みながらなんとも縁起の良いことでしょうか。

諏訪神社と尾花沢花笠まつりについて

8月27日、28日は尾花沢花笠まつりでした。

花笠は山形花笠が有名ですが、

諸説ありますが発祥地は尾花沢と言われてます。

一応公式には・・・

徳良湖工事が行われ、その際に唄われた土搗き唄が「花笠音頭」の発祥とされ、

その土搗き唄に合わせて、笠を廻して即興で踊ったものが「花笠踊り」の原型。

と言われてますが、私は地域の鎮守神である諏訪神社も関係してると思います。

20180722_020251037_iOS.jpg

諏訪神社は長野県の諏訪湖近くにある諏訪大社を総本社とし、諏訪大明神ともいわれる建御名方神(たけみなかた)とその妃・八坂刀売神(やさかとめのかみ)を御祭神とします。

27日は諏訪神社祭として、市内を廻る神輿渡御は江戸時代から続いており、その際に使われる祭囃子は最上川を介した交流の影響で京都の祇園囃子の流れを組んでいると考えられます。

京都の祇園といえば『祇園信仰』です。

祇園信仰と言えば牛頭天王(スサノオ)です。

牛頭天王は疫病神を振り払うため花笠を持って市中を練り歩いたとされ、それが祇園祭の起源と言われてます。

そして牛頭天王は尾花沢の新町に祀ってあります。

https://etesiteitiryuu.com/2018/07/24/地蔵菩薩について

尾花沢の花笠まつりの独特な笠回しは疫病神と闘った牛頭天王の姿ではないかと、祇園からの影響も感じるのは私だけではないはずです。

(あくまでも個人的見解です)

思えば『ヤッショ、マカショ』も独特な表現ですよね?

すごく祝詞っぽくもあり、仏教語っぽくないですか?どうですかね?

摩訶?とか般若心経?

何れにせよこの2日間天気は曇りでしたが、大雨にもならず本当に良かったです。

年に一度の地域のお祭りは子どもも大人もみんな笑顔が弾けてました。

こういった文化をずっと伝承していけたらいいなと思いました。

諏訪神社の神主さんの家には同級生がいまして、昔はよく境内で狛犬に跨ったり(失礼)遊んだものです。

20180827_083541831_iOS.jpg

20180827_084301039_ios1.jpg

キリストの墓について

実はキリストは日本にいた!

それも青森!?

ということで青森県新郷村(戸来村)に行きました。

個人的には大好きな話です。

キリストはゴルゴタの丘で磔刑されずに実は日本に滞在して100歳近くまで生きたという、

そして身代わりになったのが、

イスキリと言うキリストの弟である!?と言う説です。

道沿いにはかなりの鳥居があり、そして村全体に結界の注連縄してあるくらい強力で身震いしました。

2本の十字架が対にありました。

十代塚はキリスト様で十来塚はイスキリ様が眠っているそうです。

私が1番興味があったのはこの友好記念の石です。

ユダヤ、キリスト、イスラム教の聖地エルサレムから届いた本物のストーンです。

これは凄いですね!

ヘブライ語の刻字がしてあります。

ちなみに戸来村=へらいむら=ヘブライと変換されます。

伝承館があり200円で入場できます。

キリストが日本にいた証拠を裏付けするような資料が見れました。

おまじないは十字を切ったり、

家紋がダビデの星だったり、

地域の盆踊りの「ナニャドヤラ」はヘブライ語!?説、

竹内文書の真相はともかく、インパクトのある強烈な体験できました。

一般的にキリスト教のお供え物は花だけですが、花がなかったので植物繋がり、またキリストは水をぶどう酒に替え、キリストの血と言われるほど、キリスト教ではぶどう酒は重要です。

といことで酒ではないですが、東北地方のぶどうジュースお供えしました。(持ち帰り)

また青森でのキリストの名前は十来太郎大天空と言います。

大天空=大天狗と言われて慕われたそうです。

そして天狗は山の果物大好きですねー。

かなりオカルトですが、

キリストはともかくとして、

大昔にユダヤ人が来日していたとしても何もおかしくはないし、村の活性化に繋げたい地域の皆様、イスラエル大使館の太っ腹に感動しました。

思えばお釈迦様の骨を分骨した仏舎利塔だって全部集めたら一頭の象くらいの骨があると言う話を聞けば、そんな話があってもいいと思います。

本物であれば日本に墓があることは世界の宗教の均衡にとって大大大事件ですが、とても夢がある話だと思いました!

アーメン

納棺師(士)について

映画『おくりびと』のヒットを受けて知名度が上がった納棺師ですが、

仏教の宗派のように色々な呼ばれ方があります。

まずは一般的に納棺師は化粧を施し、

着物を着せて棺の中へ納棺する人のこと、

また死化粧師(士)とも呼ばれます。

湯灌師は、自宅または斎場に浴槽を持って行き、

個人様をご洗体、ご洗髪させていただく人のこと。

また事故などにより損傷の激しいご遺体を専門的にケアにあたる

復元納棺師と呼ばれるエキスパートもいます。

エンバーミングという特殊処置を施すエンバーマーというスペシャリストもいます。

エンバーミングはもともと南北戦争で亡くなった兵士を故郷に戻すために、

ご遺体の長期保存から始まった技術であると言われてます。

感染予防にも最適かつ腐敗にも強く、

海外搬送では必ず施さなければなりません。

土葬文化の根強い北米などではエンバーマーはかなり格式高い職業です。

エンバーミングに関してはIFSA(一般社団法人日本遺体衛生保全協会)の規定により、

あまり適当なことは書けないのですが・・・。

何でも極めるにはそうだとおもうのですが、

並大抵の勉強では習得できるような仕事ではないです。

赤ちゃんのお肌

私は横須賀の湯灌屋からスタートしました。

悲しみの現場は辛く、最初の3ヶ月は本当に必死でした。

詰め物や口上、所作や着替え・・・。

今でも思い出すのは赤ちゃんの担当をした時です。

握り拳くらいの大きさの顔には、

保湿クリームが全く馴染まず、

必死で『ごめんね』『ごめんね』とつぶやいてました。

帰りの車で無力さに涙がボロボロ・・・。

初めてストレスからくる蕁麻疹になりました。

その後勉強したことでわかったのは赤ちゃんの肌は水分が多く、

アルコールの入った製品は全く合わないことでした。

それでも毎日通い続け色が変わらないようにつとめました。

赤ちゃんのパパとママには『毎日来てくれてありがとうございます』と言われました。

違うだろ!気を使わせてどうすんだ!疲れてんのは明らかパパとママなのに・・・。

かける言葉が何も見つからないのです。

おそらく死の間近で働く人たちには一度は経験あるはずです。

おくり鳩

せめてもの思いとして納棺前に「おくり鳩」をお渡しました。

鳩は古来より神仏の使いとして、

思いを天へ運んだと言われてます。

私は出棺も担当しましたが最後まで何もお声掛けできませんでした。

出棺のバスの中ではお坊さんの唱える『舎利礼門』が響いてました。

赤ちゃんのママは火葬場までずっと何かを握ってました。

荼毘に付される最後の別れの時、

『これ入れたいんだけど・・・。』

そっと「おくり鳩」を綿花の布団で眠る赤ちゃんの上に手向けてました。

日頃わかったような口調で仏教や宗教を語ってても、

私には実際に浄土や天国なんかあるかわかりません。

それでもこの時は南無阿弥陀仏なのか南無妙法蓮華経なのか、

南無釈迦牟尼仏なのか何だったのかわかりませんが、

強く強く・・・ただ強く・・・手を合わせてました!!

写真は参考にした先生たちの本です。

あとは実践と先輩の姿で学びました。

追記

北米でも火葬率はグッと上がっているそうです。これは1960年代バチカン公会議でカトリックが火葬を容認したことからと言われてます。