納棺師(士)について

映画『おくりびと』のヒットを受けて知名度が上がった納棺師ですが、

仏教の宗派のように色々な呼ばれ方があります。

まずは一般的に納棺師は化粧を施し、

着物を着せて棺の中へ納棺する人のこと、

また死化粧師(士)とも呼ばれます。

湯灌師は、自宅または斎場に浴槽を持って行き、

個人様をご洗体、ご洗髪させていただく人のこと。

また事故などにより損傷の激しいご遺体を専門的にケアにあたる

復元納棺師と呼ばれるエキスパートもいます。

エンバーミングという特殊処置を施すエンバーマーというスペシャリストもいます。

エンバーミングはもともと南北戦争で亡くなった兵士を故郷に戻すために、

ご遺体の長期保存から始まった技術であると言われてます。

感染予防にも最適かつ腐敗にも強く、

海外搬送では必ず施さなければなりません。

土葬文化の根強い北米などではエンバーマーはかなり格式高い職業です。

エンバーミングに関してはIFSA(一般社団法人日本遺体衛生保全協会)の規定により、

あまり適当なことは書けないのですが・・・。

何でも極めるにはそうだとおもうのですが、

並大抵の勉強では習得できるような仕事ではないです。

赤ちゃんのお肌

私は横須賀の湯灌屋からスタートしました。

悲しみの現場は辛く、最初の3ヶ月は本当に必死でした。

詰め物や口上、所作や着替え・・・。

今でも思い出すのは赤ちゃんの担当をした時です。

握り拳くらいの大きさの顔には、

保湿クリームが全く馴染まず、

必死で『ごめんね』『ごめんね』とつぶやいてました。

帰りの車で無力さに涙がボロボロ・・・。

初めてストレスからくる蕁麻疹になりました。

その後勉強したことでわかったのは赤ちゃんの肌は水分が多く、

アルコールの入った製品は全く合わないことでした。

それでも毎日通い続け色が変わらないようにつとめました。

赤ちゃんのパパとママには『毎日来てくれてありがとうございます』と言われました。

違うだろ!気を使わせてどうすんだ!疲れてんのは明らかパパとママなのに・・・。

かける言葉が何も見つからないのです。

おそらく死の間近で働く人たちには一度は経験あるはずです。

おくり鳩

せめてもの思いとして納棺前に「おくり鳩」をお渡しました。

鳩は古来より神仏の使いとして、

思いを天へ運んだと言われてます。

私は出棺も担当しましたが最後まで何もお声掛けできませんでした。

出棺のバスの中ではお坊さんの唱える『舎利礼門』が響いてました。

赤ちゃんのママは火葬場までずっと何かを握ってました。

荼毘に付される最後の別れの時、

『これ入れたいんだけど・・・。』

そっと「おくり鳩」を綿花の布団で眠る赤ちゃんの上に手向けてました。

日頃わかったような口調で仏教や宗教を語ってても、

私には実際に浄土や天国なんかあるかわかりません。

それでもこの時は南無阿弥陀仏なのか南無妙法蓮華経なのか、

南無釈迦牟尼仏なのか何だったのかわかりませんが、

強く強く・・・ただ強く・・・手を合わせてました!!

写真は参考にした先生たちの本です。

あとは実践と先輩の姿で学びました。

追記

北米でも火葬率はグッと上がっているそうです。これは1960年代バチカン公会議でカトリックが火葬を容認したことからと言われてます。

神社仏閣巡りについて

神社仏閣巡りでお参りの際はルール・マナーがあります。

初詣でやお盆など、

私なりのオリジナルも多々ありますが・・・参考までにどうぞ。

神社でのお参り


服装はあまりこだわりありませんが、

帽子やサングラスなどアクセサリーは基本的に外します。

鳥居がありましたら、礼をします。

「これからお邪魔します」と伝えます。

大事な方のお宅へお邪魔することイメージします。

軽く深呼吸して気持ちを落ち着かせます。

1秒でもいいので自分の存在を確認します。

石や雲や植物などの万物の一つであると思い込みます。

あるいはボソっと口にします。

「私は色んなご縁の下、人間というものをしてます」と。

写真を撮るとき、「大変失礼ですが勉強させてください」と一言呟いて撮ります。

結界の鳥居をくぐり、参道を歩きます。

よく参道の真ん中は神様の通り道で正中と言われてますが、

正式には神様の正面を指す言葉であり、

我々一般人が強く意識することもないそうです。

初詣で混んでいる時なんか真ん中避けるなんて無理ですもんね!?

そして手水を取ります。

手水の取り方

1・・・右手で柄杓を持ち汲んだ水を左手にかけます。

2・・・1と同じように持ち手を替え右手に水をかけます。

3・・・右手に柄杓を持ち替え、左手に水を受けて口を濯ぎます。(飲みません!!)

4・・・吐き出す時は左手で隠します。溜めている水盤には水は戻さず外側に流します。

5・・・左手を清めるために1と同じ所作をします。

6・・・使用した柄杓を立てて持った部分に水を垂らします。

7・・・使った柄杓は附せて置いておきます。

ご神前の前まできたらお賽銭を入れます。投げません!!

そして鈴を鳴らします。

大事な方のお宅の玄関のチャイムだとイメージしてます。

拝礼の仕方

1・・・2回深いお辞儀(拝・はい)をします。

2・・・2回音を鳴らす拍手「かしわ手」を打ちます。

(神社によっては4回の場合もあります)

ちなみに葬儀の際の拍手は音を立てない「しのび手」になります。

余談ですが私この「かしわ手」苦手でした。

なんか人の目ばかり気にして必死で恥ずかしいと思い込んでいたからです。

拍手を打つ際は右手を少し手前にズラし、

ドラムの両シンバルを叩くらい腕を広げて叩きます。

3・・・そしてそのまま合掌のポーズをしながら、自分が何者か名乗ります。

『住所氏名年齢』まではっきり名乗ります。

そして参拝出来たことに感謝します。

私は願い事は基本しませんが『はらいたまえ きよめたまえ』と唱えている時は、

何故か必ず家族の顔が脳裏に浮かんでいますね。

(神様も願い事を聞きたいそうなので、胸の内から溢れる願い事の話をします。)

4・・・最後にもう一度深いお辞儀をします。

ここまでが俗に言う二礼二拍手一礼です

帰る際にもう一度軽いお辞儀(深揖・しんゆう)をします。

その他こだわり

※本殿・ご神体は写真に撮りません。

※お賽銭は100円×家族分と決めてます。

※神社内にある文字という文字を読みます。

こんなとこです。

以上神社参りでした。

もちろんお宮参りなど大切な日はまた作法も違います・・・勉強します!!

寺参りはまた後で公開します。

最近は神社仏閣巡りのためか!?運が良く、

こんな父の姿も家族は楽しんでくれてるような気がしてます。

写真は青森市にある浦町神明宮です。

御祭神は太陽の神「天照大神」です。

高天原たかあまはら神留かむづます」と唱えましょう!!