即身仏と湯殿山総本寺瀧水寺大日坊について

Posted by

念願の真如海上人様にご挨拶に行ってきました。

存在は知っていましたが、ある方が人生の苦行ブロック解除にお逢いしたという話を聞いて興味が湧き尋ねました。

感想から先に言えば、清らかな気持ちになりました。

さて即身仏ですが、「即身仏とは衆生救済を願い、厳しい修行のすえ自らの肉体をミイラにして残したお坊さんのこと」です。

即身仏

修行は木食修行(もくじきしゅぎょう)と土中入定(どちゅうにゅうじょう)という二段階になっています。木食修行は米や麦などの五穀、十穀を断って木の実などで命を繋ぎながら体の脂肪や水分などを落としていき、木食修行を終えると土中入定をします。これは地面に深さ3メートルほどの穴を掘ってそこに石室(いしむろ)を築き、更にそこへ呼吸のために節を抜いた竹筒の先が地上に出るようになっている木棺を入れ、その中に生きたままで入って埋められます。その中で断食をしながら鐘を鳴らしてお経を読み続けます。
その鐘の音が地上の人に聞こえなくなると、息が絶えたということで一旦掘り出され、すぐにまた埋められます。そうして1000日後(3年3ヶ月後とも)に再び掘り出されます。

はい。もうとてつもなくすごいことですね。

生前に漆を飲んで内臓を腐らないようにしていたとも言われてます。

ここまでして苦行の道を選んだ上人様に逢いたい想いがふつふつと。

幸いなことに全国にいらっしゃる上人様のうち約半分は山形県においでです。

それは山形の湯殿山山岳信仰が根強いためです。

即身仏といえば弘法大師空海の即身成仏義が始まりと言われてます。

その空海様も高野山の奥の院で即身仏として生きてらっしゃるそうです。

鶴岡までは約2時間。

まず目にする山門は茅葺屋根の仁王門に風神雷神、運慶作による仁王様がお出迎えしてくれます。三間一戸の八脚門としては日本最古の建築物だそうです。

20180923_043603285_iOS.jpg

20180923_043619127_iOS.jpg

いかにも山形らしい景色です。

大日坊はかつて湯殿山が女人禁制だったために、湯殿山大権現をお招きし、 お沢八万八千仏を祀って女人の湯殿山礼拝所(湯殿山全てを祀る寺)として建立したのがこの寺の源であるとします。

女人の聖地だそうで着物をお召しになった綺麗な女性もいました。

また徳川家とも繋がる深い歴史があります。

あちこち徳川家の家紋が見られました。

20180923_043656513_iOS.jpg

全国でも稀に見る大きさとその美しさが称えられる「宝筐印塔」。

20180923_044420432_iOS.jpg

20180923_053816505_iOS.jpg

山形七福神の大黒様。

20180923_053829213_iOS.jpg

写真撮影はNGですがご利益あるとのことで、大黒様だけ撮らせていただきました。

そして案内された奥の部屋にはしっかりガラスケースに管理された上人様がいました。

念願の真如海上人様は本当に『生きて』ました!!

ある人によれば恐いとか重いとか言われますが…。

自分は涙がポロッと、穏やかな軽い気持ちになりました。

為になる親切な説明も住職様からしていただけます。

一緒に行った子どもたちも興味津々で「神さまはじめまして」と挨拶してました。

300年近く前の人と対面している不思議な感覚におそわれました。

また仏像の数も半端ないですし、公式パンフレットの表紙になっている私(酉年)の守護神の不動明王には本当に感動しました。

お守りも御朱印もいただきました。

公式パンフレットには不動明王!!こんなの見たことあります??!

私の苦行ブロックは外れたのか?

結論は外れたと思います。

正確にいえば私の苦行を救ってくださったような気がします。

『楽しくのびのび生きていいんぞ!』そんな風に真如海上人様はおっしゃってくださったような気がしました。

20180923_063719531_iOS.jpg

月夜の晩に天狗たちが相撲をして遊んでいたとされる天狗岩を眺め、自分のラッキーフードの玉こんにゃく食べながら帰りました。

公式はこちらから

広告