気まぐれお月さんと 生真面目お天道さん

投稿者:

学生時代にどこかノスタルジックな曲を作りたくて作りました。

当時ビートルズのメロトロンサウンド(Strawberry Fields Foreve)にはまり、

サンプルCD買いまくったのを覚えてます。

光あるとこ影あり。太極図。

道教においても、あのゲーテも、

ドラクエのゾーマも、プリキュアでさえも同じこと言っています。

もしよかったら聴いてみてください。

『気まぐれお月さんと 生真面目お天道さん』
「やぁやぁおてんとさん。相変わらず神々しい今宵も照らしてね。」
「これはお月さん。君は闇の中で僕の影を照らしてる。」

どこか僕らは似てる

「それでもおてんとさん。私は気まぐれでたまに見えなくなる。」
「いやいやお月さん。僕もこの情熱がいつまで続くかわからない。」

どこかないものねだり

どうして泣いているの?
何かあったんだね
誰の上にでものぼる
駄目でも輝けてる眩しさを

なだらかな春が来て夏が来て秋冬を越え
いつもそうありがとうありがとうと伝えよう

どうして泣いているの?
何かあったんだね
理由はわからないけど
抱きしめたい愛しさも輝いて

なだらかな春が来て夏が来て秋冬を越え
いつもそうありがとうありがとうと伝えよう

なだらかな春が来て夏が来て秋冬を越え
いつかまた逢いましょう逢いましょうと約束