空海について

Posted by

空海について始めて名前を知ったのはブッダと同じ漫画でした。笑。

「孔雀王」という密教世界を題材にした漫画で、印を結び真言(マントラ)を唱え仏と一体となり人智を超えた力(法力)で魔を退治していくお話です。

ここで空海は即身仏として描かれてます。(即身仏に関してはまた後で!)

空海は最澄と並ぶ日本仏教界のスーパースターと言われてます。

幼名は佐伯真魚(まお)。

類稀なる才能でエリート官僚を目指してましたが、仏教に感化され、

唐に渡り『密教』を学び、日本に曼荼羅などたくさんの知識を持ち帰りました。

真言宗の開祖と歴史の教科書では習います。

各地で岩を砕いたり、雨を降らしたり、数々の伝説があります。

またダムを作ったり、現代でいう事業家のような活躍もしてます。

字を書くのも上手で三筆の一人と言われています。

ここで私が語るのもおこがましいのですが、数あるエピソードの中でも、

高知の室戸岬での御厨人窟(洞窟)での荒業、虚空蔵求聞持法の話が好きです。

虚空蔵求聞持法は100日間で呪文を100万回となえなければならない過酷な修行です。

空海(真魚)が一心不乱に呪文をとなえてる時に、

口の中に明星(虚空蔵菩薩)が入ってきたそうです。

その時洞窟の中で空海が目にしていたのは空と海だけであったため、

空海と名乗ったと伝わっています。

空と海。。。まさにこの世の究極の表裏一体の一つ。

ソラとウミ、クウとカイ。。。名前がもう反則級にかっこいいですね!

「土佐室戸岬にて勤念する。あたり一面にこだまが響き、明星、身体に入る」

『三教指帰』

空海については最近映画でも話題になり好きな本もたくさんありますが、

特におすすめは、

司馬遼太郎『空海の風景

おかざき真里『阿吽』(漫画)です。

特に阿吽は画力に圧倒されます。

写真は約2年前に行きました、青森の青龍寺の昭和大仏です。

法界定印を結んでいます。真言密教の大日如来のお姿です。

ありがたい胎内巡りもさせていただけます。

合掌

IMG_2434.jpg

広告