家族葬について

Posted by

家族葬に定義はありません。

家族葬=安くできる葬儀ではありません。

香典を頂かないために葬家側の負担が増えることもあります。

家族葬=簡素な葬儀でもありません。

身内だけなので中身を充実させる方もいます。

やむを得ない場合以外は、親族や近所の方々にはしっかりと説明をお願いしてます。

田舎ではもめることも多いからです。

親戚「なんであの人よばねぇーんだ!」

喪主「家族葬って言ったべ!」

この会話は少なくないです。

先日も葬家様から「家族葬は儀式を騙った縁切りだべ!」と言われた方がいました。

私達には極端にならないように双方の着地点の安定ポイントを提案するしかないのですが、それには日々の勉強も欠かせません。

「葬儀は文化である」

そして文化は変化します。

最近ですと寺院との関係も希薄になりつつあり、生前葬、手元供養や散骨、樹木葬…。色んな葬儀のあり方や死生観がクローズアップされてます。

葬儀業界はこの10年でガラッと変わりました。

そしてこれからの10年はさらに変化するでしょう。

それでも基本はおくる人と、おくられる人がいるということです。

誰のための葬儀またはサービスなのか?

真剣に考えていけばやるべきことはわかってくると思います。

写真は妻とよく歩いた横須賀の三笠公園の噴水近くです。

今年も灯籠流しは行われたみたいです。

合掌

広告