蓮について

Posted by

お盆前には開く可憐な花。

蓮と睡蓮を模型したものを「蓮華」と言います。仏教葬儀では灯籠と一緒に必ず対となるものです。

写真は河北町の火葬場の蓮の花。

町の人が個人的に栽培してるそうです。

時に重苦しさも伴う出棺したバスの中、

山形県北村山地域では火葬場の入り口前にバスを一度停止させ、角ローソクを立てて野辺送りの模倣をします。

お釈迦様が生まれた時は蓮の葉の上に立ち「天上天下唯我独尊」と人差し指を天に向け言われたそうです。

これから荼毘に付され49日の旅へ旅立つ祖母の柩の後ろではまだ幼き赤児を抱いた新婚のお孫さん夫婦。

「花綺麗だね」話しかけられた赤児は咥えてた指を広げ両手をバタバタ楽しそうです。

繰り返す命のバトン。

仏教では輪廻は苦と言われてますが、

次の世代へ遺せる大切なことはあるはずです。

そんなことを考えたいつものバスの風景でした。

合掌

広告